2015年12月13日
コーディネートと同じくらい大切にしたい、お洋服の手入れ(カシミヤストールver.)


コーディネートと同じくらい大切にしたい、お洋服の手入れ(カシミヤストールver.)

こんばんは(*^_^*)
私今年の秋口に、ずっと大切に使おう…!と心に決めたアイテムたちに出会いました…♡

IMG_4049
言わずと知れた、ジョンストンズのストールカシミヤ100%の200×70の大判タイプです。

IMG_4057
一枚は落ち着いたダーググリーン×ネイビーにさりげない赤と白のラインが入った定番チェックの一つマッケンジー
(上)

IMG_4058
もう一枚は私の大好きな鮮やかなブルー系の華やかなチェックのelibank。こちらは昨年から日本限定で発売が始まったカラー。(下)

私のWEARでも見ない日はないくらい大活躍です♡

カシミヤはお手入れが大事だそうなので、お手入れブラシも一緒にゲットしたんだよ‥!!

IMG_4099

そうなんですよね。
カシミヤは暖かさ・肌触りともに最高な素材なんですが、何分デリケートな素材なので

『よしっ!気合を入れて長持ちするようにお手入れするぞ‥!!!』と、意気込んで
初めてお洋服用のブラシなんて買っちゃいました。(形から入るタイプでやんすね)

カシミヤについて色々調べて得た知識が

・毎日同じものは身に着けず、一日使ったら休ませてあげる。
・また、身に着ける前と付けた後の二回お手入れをするのが効果的であること。

理由→細かい毛の間に入り込んだチリやほこりを絡まった繊維をほぐしてくれる

なんですって!!!
私も買った江戸屋さんのホームページに

日々のお手入れが、洋服を長持ちさせます。

と書いてあって「ほほう!」とうなずきましたね。

手持ちの服の中で一番デリケートなものに使えるブラシを選ぶと間違いない、らしいので

カシミヤ用を購入しました。

IMG_4100
やわらかい豚毛だそう。(豚さんありがとう‥!)毛足は長めです。

IMG_4101
密度も、最上級の平野屋のブラシに比べると少し劣りますが(そりゃそうだ!平野屋は2.5万円だよ‥!)
ブラシ初心者には使いやすそうな軽さ!good!これ以上重いと手がつかれそう!

ブラッシングはまず下から、こするのは絶対NG!

買っただけで満足してはいけない!とちゃんとお手入れも怠っておりません(*^_^*)

方法はとっても簡単ですよ。(ただストールが大判なのでちょっと時間かかりますww)

ブラッシングのコツは、ブラシの毛先を繊維に対して直角に当てて手首のスナップを利かせて毛先で軽く埃を誘い出すように払ってください

だそう。
IMG_4053

‥こんな感じ?!
毛足を起こすように下からサッサッとブラシを運びます。

その後、上から優しく毛並みをととのえてあげます

IMG_4054-0

こんな感じですね!動画じゃないからわかりにくいですが、実際ささっとしながら写真を撮ってみました(笑)

この画像見たほうが早いわw

IMG_4052
画像一枚にまとめてみました。

ついつい疲れているときなんかは、そのままハンガーにサッとかけてしまいそうになるんですが…そんな時は夜にもう一度出してきてササッとブラッシングをして整えてから寝るようにしています。(笑)

ものを大事に長く使っていける人に‥!

なっていければなあと思っております♡

カシミヤだけじゃなくて、ほかのウールやアンゴラのニットも同じようにお手入れしています。
その日のうちにお手入れをしておくと、次着る時も気持ちがいいし手間がないのでなんだかちゃんと丁寧に暮らしているみたいで満足しています。(笑)

大事に使っていくからね~ジョンストンズたち!

私は楽天をよく使うのでこちらで購入しましたが、今はどこも品切れ!ハンガーのながしお

ちなみにAmazonも見てみましたが品切れだったので、公式サイトからだと購入できるみたいです。

次回予告、毛玉が面白いほどどんどんとれるブラシについて

IMG_4055

んっ?!見慣れないアイテムが一つ増えていますね。これは毛玉が面白いほどどんどんとれちゃうブラシです。
次回はこちらについて書いてみますのでこうご期待♡



Post navigation

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします