2015年3月18日
【美容】パーマのモチを良くするお手入れのポイント3つ


【美容】パーマのモチを良くするお手入れのポイント3つ

今日はヘアケア推しの一日でいこうかと思います(*^_^*)
お昼にカラーケアについての記事

【美容】カラーの色をできるだけ長く持たせるコツ・ケア方法

を更新したので、次はパーマについて書いてみようと思います。

トリートメントでパサつきを予防

(null)
http://www.yasumoto-kasei.jp/txt/products03.html

『パーマをすると毛先が乾燥しやすくなる…!』というお声もよく聞きます。
確かに、何もしていない髪の毛に比べると”カラーやパーマをしている髪の毛”のほうがパサつきやすくなるのは事実です。

でも、トリートメントをしっかりしてあげることで回避できるんですよ。
しっかりすると言っても、毎日高いトリートメントを沢山つけることが全てではありません。

ドライヤーする前には必ず『洗い流さないトリートメント』をつけること。
栄養を入れながら、表面をコーティングして手触りのいい髪の毛に仕上げてくれる洗い流さないトリートメントは必須です。

毛先を中心に馴染ませてから乾かしてくださいね。

オススメのオイルトリートメント

アジアンムーン

効果的にお風呂でのトリートメントを行うこと
使うアイテムはもちろん大事ですが、そのアイテムの使い方はもっと大切です。
ヘアサロン流【効果的なトリートメントの方法♡】
こちらに詳しい方法・コツをご紹介しているので今日のお風呂でのシャンプーの時に是非試してみてくださいね(*^_^*)

スタイリングをしっかりしてウェーブを出す

せっかくあてたパーマも、スタイリングをせずにウェーブが伸びてだれた状態でいる時間が長くなるといざ出そうと思った時になかなか出にくいものです。(但し個人差あり)

夜乾かす時も全体をザザっと乾かした後、全体の髪の毛を大まかに4つ位に分けて毛先をくるくるしながら乾かしてあげると朝のスタイリングもいつもより楽になりますよ。

スタイリング剤にもこだわりを

どんなに素敵なパーマも、そのヘアスタイル・髪質にあったスタイリング剤を使わないとふんわりしたウェーブやカールなど、理想の質感にはなれません。

美容師さんに相談しながらしっかり選んでくださいね。

私のお気に入りのスタイリング剤は、

ふわっと仕上がるムースだと

スプリングパフ

ツヤが出てまとまるミルクだと

ロレッタメイクアップミルク(グラマラス)

流行りのウェット風に仕上がるジュレだと

ミルボン ニゼル ジェリーM

が、私のオススメです(*^_^*)

毛量が増えても
カットで調整したら復活する場合も

長さはなかなか伸びない気がする髪の毛も、量が増えたな〜と感じる方も多いのではないでしょうか??

量が増えて全体の髪の毛が重たくなると、どうしてもふんわりしにくいです。

もう一度パーマが必要なのか、髪の毛の重さをとったらウェーブが復活しそうなのか‥?!ここは、担当美容師さんに相談してみてくださいね(*^_^*)

濡れているときにウェーブが出るようでしたらパーマが復活するかもしれません。

パーマは慣れると時短で楽チン

コテ巻きもそうですが、スタイリングはやっぱり練習が大事です。

慣れるまでは大変ですが慣れたら美容室帰りさながらの仕上がりを再現できるようになるので頑張ってくださいね(*^_^*)


<


Post navigation

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします