2015年3月9日
【美容】クレンジングの種類と特徴や選び方


【美容】クレンジングの種類と特徴や選び方

こんにちは(*^_^*)
以前こちらの記事でも少し触れている【美容】ファンデーションや下地を塗るのは肌に悪いのか?
クレンジングについて、今日は書いていきますね。

クレンジングの種類

(null)
クレンジングには、大きく分けて
・オイル
・ミルク
・クリーム
・ ジェル
・ふき取り

と、種類があります。

どうやって使い分けるのかというと

メイクの度合い
(ナチュラルメイクなのかしっかりメイクなのか)

肌の状態
(乾燥しているのかベタつきがちなのか)

・自分の好み
(サッパリが好きかしっとりが好きか)

などで使い分けると良いと思います。
次は、それぞれの特徴をご紹介しますね。

オイルタイプ


皆さんきっと一度は使ったことがあるオイルタイプのクレンジング。
良いところ

・濃いメイクも素早く落とせる
・お風呂場でも使えるものが多い
・洗い上がりがさっぱりしている
・毛穴の汚れも一緒にクレンジングしやすい

向いている肌は、乾燥しにくい普通肌〜脂性肌です。

ミルクタイプ


肌に優しいイメージで、洗い上がりもしっとりした仕上がりのミルクタイプは、ナチュラルメイクの方、乾燥が気になる方にぴったりです。

クレンジング力はオイルタイプ程はないものが多いと思います。長時間お肌にのせてこすったりして摩擦を与えないためにもオススメの使い方は、
ポイントリムーバーでポイントメイクを先に落としてからお肌になじませて使うことです。

クリームタイプ


クリームタイプは、重くて油分が多いので洗い上がりはかなりしっとり。ベタつきを感じる方もいるかもしれません。

お肌が乾燥している時だけ、お肌のレスキューコスメとして使ってあげるのも良いかもしれませんね。ティッシュオフする必要があるものもあるので、少し手間はかかります。

ジェルタイプ


ジェルタイプは、肌になじむまでは少し重たく感じる使用感ですが肌になじむと軽くなり手軽にメイクを落とせます。

水が入るとお肌とのなじみが悪くなるので、水分が入らないようにして使うことがポイントです(*^_^*)

洗い上がりも、さっぱりしすぎずベタつかずちょうどいい使用感です。

ふき取りタイプ


手軽に落とせるふき取りタイプのメイク落とし。ささっと落とせるのでポイントメイクリムーバーとして使ったり、お風呂に入る前にさっとメイクを落としたい時にオススメです。

落とすだけではなくて、化粧水の役割のあるアイテムもあるのでひとつ常時しておくととても便利です(*^_^*)

コットンでふきとるので、力を入れすぎると肌を傷つけてしまうこともあるので注意が必要です。

自分に合うものを見つけるのが一番

口コミで『これいいよ!』と話題になっていても、自分に合うかどうかはまた別ものです。

自分の肌のタイプは、乾燥しやすいのか皮脂が出やすいのか‥?サッと落とせるほうがいいのか、時間をかけてゆっくり落としたほうがいいのか‥?など、まずは自分の肌やライフスタイルをしっかりと知ること。

そして、気になったものや合いそうだなと思ったものはどんどん試してみること♡をオススメします(*^_^*)

皆さんが自分にピッタリのクレンジングに出会えますように!私も、口コミサイトなどを参考にして色々情報を集めるようにしています(*^_^*)良ければご参考くださいね。

オススメのサイト

i voce
(大人女性の口コミやヘアメイクさんのオススメアイテムなどもあるので良く見ています)


@コスメ
(口コミの量はダントツです)

関連美容記事

【美容】もう今から紫外線対策は始める!SPF・PAの意味知っていますか?


眉毛を明るくする方法は2つ♡眉ブリーチするか眉マスカラで明るくメイクする

美容】オイル先行スキンケアの方法と効果(ツヤ肌メイクにも使えるよ♡)


Post navigation

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします