2015年3月7日
【美容】もう今から紫外線対策は始める!SPF・PAの意味知っていますか?

【美容】紫外線対策は春から始める!SPF・PAの意味知っていますか?

こんにちは(*^_^*)
3月に入って春一番も吹き、だんだん暖かくなってきましたね。ということは‥!!
紫外線対策を考えないといけない時期に入ったということです。

紫外線対策は夏だけじゃダメ

(null)
『えっ‥!春も紫外線対策?!まだ早いんじゃないの?』と思われた方もいらっしゃるかと思います。でも、今の時期から防ぐことがとても大切なんです。

紫外線量の年間推移

(null)
(出典:気象庁HP)

こちらのグラフを見ていただいてもわかるように、三月を境にぐっと紫外線量が増加しています。(なんと1月の3倍‥!)

この表を見てみると、真夏ほどの対策はいらないにしてもお化粧品にUVカット効果のあるものをプラスするなどして少しずつ対策を初めてみても良さそうですね!
(私はSPF20くらいの低めの化粧下地を年中使っています(*^_^*))

紫外線にも種類があります

一口に紫外線と言っても種類があるんです。また、それぞれの紫外線を防ぐための成分も違うので少し難しいですが理解しておくと、化粧品選びを失敗せずに済みそうです。

紫外線A波(UV-A)とPA

紫外線A波は肌の奥深く真皮まで届き、肌内部に活性酸素を作りだします。すると、DNAを傷つけたり、コラーゲンやエラスチンも破壊し、シワやたるみなどの肌老化を招きます。窓ガラスや雲も突き抜けるため、曇りの日や室内でも注意が必要です。

出典:ドクターシーラボ

目に見えてすぐに肌が黒くなるわけではありせんが、肌の奥まで届いてじわじわ攻撃してくるのが紫外線A波(UV-A)なんですね。

これを防ぐ値を示したものが『PA』です。

日焼け止めのPAとは
PAは、プロテクショングレイドオブUVA(Protection Grade of UVA)の略主にUV-A(紫外線A波)の防止効果を表す目安の数値です。

+の多さがUV-Aに対する効果の高さを示します。++++、+++、++、+の4段階があり下記のように設定されています。

PA++++ 極めて高い効果がある
PA+++ 非常に効果がある
PA++ かなり効果がある
PA+ 効果がある

紫外線A波で特に気にして欲しいのは、春・夏以外でも「そこそこ降り注いでいる」ということ。

出典:ドクターシーラボ

2.3年前くらいに最高値がPA+++になりましたよね。

紫外線B波(UV-B)とSPF

紫外線B波は肌表面が赤くなる炎症を引き起こします。

肌表面に発生した活性酸素は、紫外線を浴びなくても過剰なメラニン色素をつくり、やがて色素沈着となりシミやソバカスの原因に。別名「レジャー紫外線」とも言われます。

出典:ドクターシーラボ

海やプールに出かけた後に肌が赤くなったり、その後日焼けになるのはこのUV-Bの仕業だったんですね。

【活性酸素が紫外線を浴びなくてもメラニンを作る】なんて怖いって思ってしまいました‥。

これを防ぐのがSPFです

SPFは、サンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)の略で、主にUV-B(紫外線B波)の防止効果を表す目安の数値です。数字が大きいほど効果が高くなります。

この数値の意味ですが、50だと50時間効いて30だと30時間効くという意味ではありません。

紫外線が当りだしてから日焼けしてしまう(=紅斑といって赤い斑点が出て炎症を起こしている状態)まで、人によって個人差がありますがだいたい15分~20分と言われています。それをたとえばSPF30なら30倍遅らせることができる…という意味です。ここでお気づきの方もいらっしゃると思いますが、そうです、残念ながら日焼け止めを塗ったからといって100%紫外線が防げているわけではなく、すごく少なくできているよということなのです。
(null)

つまりSPFとは「時間」ではなく防御力(強さ)であると言えます。

選び方のポイントは、通勤やおつかいなど1時間以内のお出かけには35程度、1時間以上のレジャーやスポーツには50以上を使うことをおすすめします。
また日焼け止めは時間が経つとともに効果が減ってきます。こまめに塗りなおしましょう。

出典:ドクターシーラボ

SPFは、『なんとなく数字が大きい方が良さそう‥!』と選んでいた方も多いかもしれませんがどういう効果があるのかまで詳しく知らなかった方も多いのではないでしょうか?(*^_^*)

大きい数字のものの方が、もちろん日焼けが起こる時間を遅らせてくれるのには違いありませんが肌への負担なども考えてTPOで使い分けをすると良さそうですね。

PAもSPFと同じくらい大事

PAを表す数値は数字ではなく”+”を使っているので、どういうものなのか知らないとそこまで重要視することはなかったかもしれませんね!

でも、先述のように
『シワやタルミなどの肌老化を招く』
要因になるのはUV-AなのでしっかりPAの値も確認して化粧品を選びたいですね。

早めの対策でお肌を守る

(null)
以上のように、紫外線は色々な肌トラブルを招く要因です。しかし完全に避けることはもちろんできませんm(__)m上手に付き合っていくためにも、正しい情報と正しいお化粧品選びをしていきましょう(*^_^*)

私自身も日焼け止めの効果だけに頼らず、こまめに塗り直したりスキンケアをしっかりすることも見直していこうと思います。

紫外線対策にもいいコスメがあれば、またご紹介しますね!よろしければご参考ください(*^_^*)
ランコム UVエクスペール X

関連美容記事

【美容】ファンデーションや下地を塗るのは肌に悪いのか?


【美容】色付き下地”コントロールカラー”の使い分け

【美容】顔も運動しないとたるんでしまう?!『顔ヨガ』がアンチエイジングの救世主だった



Post navigation

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします