2015年3月5日
【美容】色付き下地”コントロールカラー”の使い分け

【美容】コントロールカラーのお悩み別使い分け

こんにちは(*^_^*)
この頃メイクについて記事を書かせていただくことが多いことから、私のメイク熱の高まりを感じますね‥!(燃えたぎってます(笑))

今日は、ベースメイクの中の下地・コントロールカラーについて書いていきます。

まず、化粧下地は使っていますか?

ファンデーションにはこだわりがある方も意外と化粧下地を使っていない方が多いように思いました。

化粧下地の効果は
・そのあと乗せるファンデーションのノリがよくなる

・色を使い分けることでお悩みが解消できる

・なりたい肌の質感に近づける

・保湿下地を使えば乾燥も防げる

etc

挙げればきりがないくらい、沢山メリットがあるんです(*^_^*)今日はその中でも色付きの下地『コントロールカラー』について書いてみますね。

色付き下地”コントロールカラー”の使い方

(null)
普通の化粧下地はいつも使っているけど『色付きの下地ってどうやって使うんだろう‥?』
また、『自分にはどの色が必要なの‥??』
なんていう方も多いのではないでしょうか?

雑誌で見るようなモデルさんみたいな立体感のあるお顔になるには、上手にコントロールカラーを使うことが大事です。

ピンク→くすみ肌、明るく見せたい肌

挑戦しやすいピンク色は、

・くすみを取り払って肌を明るく見せてくれる効果
があります。

顔全体に同じようにのせると『平面的な印象』になるので、目の下の三角ゾーン、おデコだけにのせるポイント使いがオススメですよ。

ブルー→赤み消し、透明感を出す

他のアイテムではあまり出番の多くないブルー

お肌に透明感を与えて、ひんやりとした肌に見せてくれる。

頬の赤みなど気になるところを抑えてくれる

効果があります。

流行りのチークやリップに赤みの強い色を使う血色メイクをするときは、あえて肌はブルーの下地を使ってひんやりとした印象にしてあげることで、お互いのパーツが引き立てあう仕上がりになります♡

私も使い分けしています♡

私は、顔全体を優しい印象に仕上げるときはいつものベースにプラスしてピンク色の下地

チークやリップを主役にするメイクのときはブルーの下地を使っています(*^_^*)

以前記事に書いた感想崩れ防止の保湿下地は、どのメイクの時も必ずはじめに肌につけるようにしています♡
(その時の記事はこちら→メイク崩れ防止『保湿下地』レビュー♡)

いつもファンデーションやコンシーラーを使ってメイクしているけど、何となく物足りない‥。なんていう方は、コントロールカラー是非使ってみてくださいね♡

顔全体に塗らないので意外と小さいサイズのものでも長持ちしますよ!オススメです(*^_^*)

オススメ下地



ipsa イプサ ピュアコントロールベース (ブルー)



ipsa イプサ ピュアコントロールベイス (ピンク)


ベースメイク関連記事


コンシーラーの種類別、用途別使い方♡【動画】

http://yukikohirai.com/archives/2325


メイク崩れ予防下地♡レビュー

http://yukikohirai.com/archives/2286


【美容】ファンデーションや下地を塗るのは肌に悪いのか?

http://yukikohirai.com/archives/2763


【美容】オイル先行スキンケアの方法と効果(ツヤ肌メイクにも使えるよ♡)

http://yukikohirai.com/archives/2935



Post navigation

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします